TOP > 医療従事者向けTOPページ > 高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)

高濃度ビタミンC点滴療法(がん治療)

1970年代にビタミンCの点滴と経口サプリメントで、ビタミンCの投与が末期進行がんの患者の生存期間を4.2倍から6倍も延長することが医学誌に発表されました。
2005年に米国の国立健康研究所、国立がん研究所、国立食品医薬品局の科学者たちは「高濃度のビタミンCはがん細胞を殺す」という共同論文をアメリカ科学アカデミー紀要誌に発表しました。
これを契機に、米国の大学病院を中心に高濃度ビタミンC点滴療法ががんの補助療法として研究と普及が始まり、日本でも2007年から徐々にがん治療の選択肢として導入されるようになりました。
現在では米国、カナダ、日本などの大学病院で、がん患者を対象にした高濃度ビタミンC点滴療法の臨床試験が30以上も進められ、論文も数多く発表されています。

これまでの論文から、高濃度ビタミンC点滴療法が、がん患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの症状を改善し、QOL(生活の質)を維持することがわかりました。
また、単独あるいは他の治療との併用でがんの進行の停止や腫瘍の縮小例の報告もあります。
何よりも高濃度ビタミンC点滴療法では化学療法のような辛い副作用が殆どないのが利点です。
私たちは、高濃度ビタミンC点滴を全てのがんの基本治療の一つとして推奨しています。

点滴療法研究会マスターズクラブの会員は、点滴療法研究会の専門講習を受け、アメリカで実施されている「高濃度ビタミンC点滴療法の標準的プログラム (Riordan IVC Protocol)」と同じものをがん患者へ安全に提供しています。
また、がん治療に関する正しい知識を有していると認められた会員を認定し、認定証を付与しています。

高濃度ビタミンC点滴療法が適している方とは


Amazon.co.jpで見る
  1. 標準的がん治療が無効もしくは効果が低い
  2. 標準的がん治療の効果をより確実にしたい
  3. 標準的がん治療の副作用を少なくしたい
  4. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長したい
  5. 標準的がん治療ではなく代替治療を受けたい

※有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します

適応疾患

胃がん・大腸がん・直腸がん・肝臓がん・膵臓がん・腎臓がん・肺がん・脳腫瘍・前立腺がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん・膀胱がん・白血病・多発性骨髄腫・悪性リンパ腫 など

注意点:

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方は治療を受けることができません。
G6PD欠損症がある場合は必ず主治医に告げてください。
当会会員クリニックは、25g~50g以上のビタミンC点滴を行う前に必ずG6PDの検査を実施しています。
また、腎不全で透析中の方はこの治療を受けることはできません。心不全、大量の腹水、強い浮腫のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状の悪化を来す恐れがあるため、この治療ができない場合があります。

プロトコル

治療のプロトコルおよび使用薬剤に関しては、会員限定ページにて公開しております。
会員の先生は、ログイン後の会員ページにてご確認ください。

→ ご入会に関してはこちら

副作用について

アメリカのカンザス州ウイチタ市にあるリオルダンクリニックは、高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療を確立したことで世界的に有名な医療機関です。
カンザス大学医学部と提携し、これまでに数万件以上の高濃度ビタミンC点滴療法を実施してきました。
このクリニックで経験している副反応は軽微で、副作用による死亡例はありません。実際には殆ど副作用のない安全性の高い治療だと言えます。

・まれな腫瘍からの出血:化学療法でも見られる副作用です。
・みせかけの高血糖:点滴終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が実際の血糖値より高値になります。
インシュリン治療中の糖尿病患者は主治医と相談し、インシュリンの量を調整してください。
・まれな尿管結石:ビタミンCは尿管結石になりやすいと言われていますが、研究でビタミンC点滴では尿管結石は起こしにくいことがわかっています。

高濃度ビタミンC点滴に関する注意事項

使用する輸入ビタミンC注射薬について

ビタミンC注射薬の品質に注意
点滴は品質の良いビタミンC注射薬を使用するクリニックで!

(1)国産のビタミンC注射薬は防腐剤含有のため高濃度ビタミンC点滴療法には使用できません

高濃度ビタミンC点滴では、外国製の防腐剤の入っていない、安全なビタミンC注射薬(1本25g)の使用を推奨しています。
その理由は、国産の注射薬(1本2g)には全て防腐剤(ピロ亜硫酸ナトリウム、 チオグリコール酸ナトリウム)が添加されている為、製剤を何本も使う高濃度ビタミンC点滴に向かないからです。
残念ですが、いまだ国産のビタミンC注射薬を使用しているクリニックがあります。
点滴前に使用しているビタミンC注射薬について必ず確認しましょう。

(2)海外から冷蔵空輸されたビタミンC注射薬の使用を推奨

ビタミンC注射薬は温度変化によって不安定になるため、製造工場からクリニックまでUSP基準(米国薬局法)を満たした2~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。当会では、冷蔵空輸にて日本に出荷される安全な大手製薬会社(マイラン社)のビタミンC注射薬を会員及び登録医師に推奨しています。

医療従事者向けセミナー 資料請求