TOP > 医療従事者向けTOPページ > 代表挨拶

ご挨拶

この度は点滴療法研究会に関心を寄せていただきまして、ありがとうございます。
点滴療法研究会マスターズクラブ会長 柳澤厚生です。
点滴療法研究会は、欧米の統合医療クリニックに広く普及している点滴療法や栄養療法を国民に提供する医師・歯科医師・獣医師のグループです。

 統合医療の点滴療法には、高濃度ビタミンC点滴(悪性腫瘍・慢性疲労・アンチエイジング)、キレーション療法(虚血性心疾患・閉塞性動脈硬化症)、
高濃度グルタチオン点滴(パーキンソン病)、血液オゾン療法(虚血性心臓病・慢性疲労・がん)、αリポ酸点滴(糖尿病性神経障害・慢性肝炎・悪性腫瘍)、
マイヤーズカクテル(慢性疲労・線維筋痛症・気管支喘息)などが知られ、科学的エビデンスも確立されています。

 これからの治療法は有効性を認められていながら、日本ではまだまだ十分に普及していません。私たちは、「点滴療法研究会マスターズクラブ」を設立、
国民に点滴療法を安全かつ効果的に提供するための体制を整え、全国の会員ネットワークを構築しています。

 私は、会員医師らが研究会の活動を通じて多くの患者様の健康に貢献し、保険診療という制約にとらわれない新しい医療分野を確立することを心から
願っています。



点滴療法研究会マスターズクラブ
会長 柳澤 厚生
Atsuo Yanagisawa, M.D,FJCIT


【柳澤厚生(やなぎさわ あつお)プロフィール】


1976年杏林大学医学部卒業、1980年同大学院修了。医学博士。米国
トーマス・ジェファーソン大学リサーチフェロー、杏林大学医学部循
環器内科助教授、杏林大学保健学部救急救命学科教授を経て、2008年
より国際統合医療教育センター所長、2015年より事業構想大学院大学
客員教授。また、神奈川県鎌倉市にスピックサロン・メディカルクリ
ニックを開設、欧米で広く治療に使われているキレーション療法、
マイヤーズ・カクテル、グルタチオン療法、高濃度ビタミンC点滴
療法などを日本に先駆的に導入。米国先端治療会議認定キレーション
療法専門医(CCT)、アメリカ心臓病学会フェロー(FACC)。2009年
第10回国際統合医学会会頭。2011年国際オーソモレキュラー医学会
カナダ)殿堂入り、2012年同医学会の会長に就任。2014年アントワーヌ・
ベシャン賞(フランス)、パールメーカー賞(米国)。著書に「心臓・
脳血管の動脈硬化と脂質栄養」(学会出版センター)、「ビタミンCが
がん細胞を殺す」(角川SSC)、「グルタチオン点滴でパーキンソン病
を治す」(GB)、「医師と患者のためのキレーション療法」(点滴療法
研究会)など多数。


医療従事者向けセミナー 資料請求