TOP > 書籍・メディアから学ぶ

書籍紹介メディア紹介へ移動

医者が考案した腰痛がラクになる「酸素たっぷり呼吸法」


Amazon.co.jpで見る

<著者:河合隆志 フェリシティークリニック名古屋 院長>

1. 解説文
脳の酸素不足を解消!!

痛みを感じているのは「腰」ではなく「脳」です。

ストレスや不安にさらされていると、呼吸が浅くなり、脳は知らず知らずのうちに酸素不足に陥ってしまいます。

脳には「痛みをしずめる機能」を持った部位(DLPFC)があるのですが、酸素が不足していると、DLPFCが正常に機能しないことが最新研究でわかってきました。

「酸素たっぷり呼吸法」で、脳の酸素不足を解消してあげましょう。

あなたの腰痛は必ず快方に向かいます。

歯周病はすぐに治しなさい!-口腔から老化と心臓・腸・脳の大病が始まる!ー


Amazon.co.jpで見る

<著者:森永宏喜 森永歯科医院 院長>

成人の約8割がかかっているとされる「歯周病」。この病気が単純に「口の中」だけの問題ではなく、腸内環境とも連動した恐ろしい病気で、認知症、糖尿病など、全身のさまざまな病気や老化、若返りと関係していることがわかってきました。万病のもと、「歯周病」を防ぐ「だ液」の力と、インフルエンザや新型コロナなど感染症予防、さらに著者自ら台風被災者となった経験から、自然災害への備えに役立つ栄養サポートの有効性を解説します。

健康長寿のウソ・ホント


Amazon.co.jpで見る

<著者:永野正史 練馬桜台クリニック 院長>

110歳まで元気に生きる!

実験オタクなドクターに学ぶ「健康長寿のウソ・ホント」

本書では私自身も目標に掲げる「110 歳まで元気に生きる」をテーマに、長生きするために必要な最新の健康常識について、「食生活」「運動」「睡眠」「検査と薬」の4つの観点から私が体験した内容と医学的な根拠を踏まえてご紹介します。

実際に体を張って取り組んだからこそ得られたデータなども盛り込みながら、やさしく分かりやすく説明していきます。

ガン治癒力を高める心理療法


Amazon.co.jpで見る

<著者:伊丹仁朗 すばるクリニック 院長>

近年、ガン闘病者の方々に心理療法を併用すると身体的治療効果や再発予防効果に著明に望ましい結果を及ぼすことが、世界の「精神腫瘍学」(サイコオンコロジー:精神活動とガン治療効果の関係を研究する学問)5大研究によって明らかにされています。ところが、我が国のガン標準治療では、心理療法が全く採用されていないという大変残念な現状があります。

私共は、森田療法を応用してセルフで可能な心理療法を考案し、「生きがい療法」と呼び30数年来、多くの闘病者の方々に活用して頂いております。

そしてこの度、その方法をまとめたものが、この書籍です。是非、ご一読の上、治療効果をさらに高める方法としてご活用いただければ幸いです。

オーソモレキュラー医学入門


Amazon.co.jpで見る

<エイブラム・ホッファー (著), アンドリュー・W・ソウル (著), 中村篤史 (翻訳),ナカムラクリニック 院長>

〇家庭の医学とメガビタミン療法
ノーベル賞受賞者の生化学者ライナス・ポーリング博士が唱えた
「オーソモレキュラー(=分子整合)医学」。
この革命的な新医学を牽引してきた2人の大家、A・ホッファーとA・W・ソウル両博士が、
医師だけでなく一般読者向けに書き上げた、栄養療法/メガビタミン療法の決定版!

〇オーソモレキュラー医学入門 目次
 第一部 オーソモレキュラー医学
 第1章 オーソモレキュラー医学とは何か   
 第2章 栄養補助食品の利用
 第3章 ナイアシン(ビタミンB₃)
 第4章 ビタミンC(アスコルビン酸)
 第5章 ビタミンE
 第6章 その他のビタミンB群とビタミンA
 第7章 ビタミンD
 第8章 その他の重要な栄養素
 第9章 ミネラル
第二部 それぞれの病気の治療
 第10章 消化管障害
 第11章 心血管系疾患
 第12章 関節炎
 第13章 癌
 第14章 脳の老化
 第15章 精神疾患および行動障害
 第16章 癲癇とハンチントン病
 第17章 アレルギー、感染症、中毒反応、外傷、エリテマトーデス、多発性硬化症
 第18章 皮膚障害
結論

口腔内環境改善法 アンチエイジングは“口の中”から!


Amazon.co.jpで見る

<著者:森永 宏喜 森永歯科医院 院長>

一般書としては前作となる「全ての病気は口の中から!(さくら舎)」から3年余、「全身と口腔の健康」に関する知見はさらに積みあがっています。本書は認知症やうつ病、オーラルフレイルなどに重点を置き、最新知見を盛り込んで分かりやすく解説しました。

第一章 意外、病気は口の中から始まる ?
第二章 脳の老化の原因も口の中にあった
第三章 口腔・腸・脳の健康トライアングル
第四章 真のアンチエイジング 健康寿命を延ばす
第五章 人は口から老いる〝オーラルフレイル〟
第六章 口腔内をしっかりとケアする
第七章 細胞一つひとつの栄養バランスを整えるオーソモレキュラー医学
第八章 アンチエイジングを実現する究極の栄養学

腸内細菌が喜ぶ生き方


Amazon.co.jpで見る

<著者:城谷 昌彦 ルークス芦屋クリニック 院長>

「腸内細菌が悲しむ生き方」をしていませんか。

大腸を全摘出した医師が説く、「腸と腸内細菌」のすごさ! ! 

腸疾患、がん、アトピー、うつ、自閉症、慢性疲労……
「体と心の不調」に終止符を打つための食生活と暮らし方から、
画期的治療法「腸内フローラ移植」までを解説!

ドクターふるたの酸化療法


Amazon.co.jpで見る

<著者:古田 一徳 ふるたクリニック 院長>

保険診療の範囲を超え、患者さんの病気の治療と予防に役立つ医療を行う
「ふるたクリニック」院長・古田一徳氏初の著書。

適切で適量の酸化ストレスを与える「酸化療法」、
オゾンを血液に注入して抗炎症作用と抗酸化作用を向上させる「オゾン療法」など
さまざまな点滴療法に加え、患者さんのケーススタディを通して、
普段から実際に行なっている療法を紹介します。

~腸とこころをととのえる~美しい肌が生まれるところ


Amazon.co.jpで見る

<著者:山﨑 まいこ まいこ ホリスティック スキン クリニック  院長>

肌を根本からきれいにしていくために、何より大切なのは腸内環境。

本書では、きれいな肌に直接つながっている腸のこと、
さらには意外に多くの影響を与えているこころのことなど、
これまで多くの患者と触れ合ってわかってきた、ホリスティックな医療を紹介しています。

腸が関連している症状への対策や、摂るべき油や腸もみなど具体的なセルフケアの方法、
特に注目すべき栄養素のこと、おすすめしたい食品やサプリまで、
肌と腸とこころに効くメソッドを詰め込んだ1冊です。
 
Chapter1.知っておきたい腸と肌の深い関係
Chapter2.腸の不調から起こるさまざまな症状
Chapter3.美しい肌のための「腸活の心得」
Chapter4.これだけは覚えておきたい栄養素
Chapter5. じつはすごく影響している「見えない力」

歯科から始めるアンチエイジング栄養学


WEBで見る

<著者:森永 宏喜 森永歯科医院 院長>

「必見!“歯科とアンチエイジング”の深い深い関係」
本書では、日本の歯科医師として初めてアメリカ・アンチエイジング医学会認定医を
取得した筆者が、栄養学に関連した「歯科とアンチエイジング」の関係を、
わかりやすく、かみ砕いて解説しています。
「なぜ赤ちゃんの肌はみずみずしい?」
「かくれ貧血ってなに?」
「糖質を上手に摂る方法とは?」など、
栄養素が身体に与える影響とアンチエイジングに欠かせない知識が満載で、
栄養療法の第一歩を踏み出すのに最適の一冊です。

先生方はもちろんスタッフの皆様にも理解しやすい内容になっておりますので 、
自身の健康管理のために、また患者さんへの情報提供のために、ぜひご一読ください 。

医師が教えるアンチエイジング
がん予防にもなる!体の内側からのアプローチ


Amazon.co.jpで見る

<著者:竹井 啓裕 たけい産婦人科クリニック 院長>

著者は長年の経験を積んだ婦人科医です。
そのアンチエイジングの外来窓口を訪れる患者さんの悩みはさまざまだと著者はいいます。
肌や美容に関する悩み、「疲れが取れない」「冷え性がつらい」「肩こりをらくにしたい」といった不定愁訴もあれば、がんが見つかって駆け込んでくる患者さんもいます。
著者はそうした女性の悩みに耳を傾け、体質やライフスタイルに適した判断をしています。
そのなかで食事や飲料、化粧品だけでは難しいさまざまなエイジングケアを治療の柱にしています。 本書では医師としての経験から導き出した「高濃度ビタミンC療法」「血液オゾン療法」「水素ガス吸入療法」の3つを軸に、体の内側から若返るメソッドを丁寧に説き明かした入門書です。

目次
【プロローグ】外見だけの若さでアナタは満足ですか?
【第1章】若返りのキーワードは「抗酸化」と「血液浄化」
【第2章】医師が教えるアンチエイジングの多様な選択
【第3章】本当の若さはカラダの内側からつくられる
【第4章】究極の若返りはがん予防につながる

寝たきりを防ぐ「栄養整形医学」骨と筋肉が若返る食べ方


Amazon.co.jpで見る

<著者:大友 通明(大友外科整形外科 院長)>

いくつになっても自分で歩ける体をつくるために運動は大切。
でもそれ以前に、食事はもっと大切です。
なぜなら骨や筋肉の材料は、食事を通して得られる栄養だから。
例えば骨や関節をつくっている「コラーゲン」は、たんぱく質・鉄・ビタミンCからつくられます。
これらの材料が不足すれば、健康な骨や筋肉を維持することができません。
疲れない!痛まない!骨折しない!一生歩ける体をつくる「運動以前」の新常識。
その食べ方が、骨と筋肉の老化を早めていた!体を「材料」から考える
治療に栄養療法を取り入れている異色の整形外科医が教える「栄養整形医学」の実践ヒント。

がんの町医者
―あなたはがんになったらどうしますか?ー


Amazon.co.jpで見る

<著者:高良 毅(医療法人社団盛心会タカラクリニック 院長)>

「共存」とは「がん」を攻撃しないということではない。
その人に合った治療法を駆使して抑え込み、生き方を見直すことによりはじめて実現できる。
「がん」専門クリニックの院長として、僧侶として、独自の統合医療を実践し、患者さんの体と心に向き合ってきた著者の願いとは「がん」でも自分らしさを見失わずに生きること。

目次
第1章 無力感がバネになった若き日々
第2章 ガン警報、体は必ずサインを出す
第3章 健康診断と抗がん剤の本質
第4章 自然治癒力の素晴らしさを追い求めて
第5章 「人の力」を「信じる力」
第6章 さまざまながん治療法
第7章 身体は医療で治し、心は仏心で癒す
第8章 がんを予防し、再発を防ぐ

青森短命県脱出計画


Amazon.co.jpで見る

<著者:田村 亨(たむら内科クリニック)>

「糖質制限」で私たちは健康になれる!
短命の原因、医療機関との付き合い方、糖質制限の実践方法を収録した、
短命県脱出への道しるべ。

青森県民はがんはもとより、様々な病気で亡くなる。
何か病気になりやすい要因がこの青森県に存在するのではないか?

病気は
・遺伝的要因
・環境要因
・医原性要因
によって生じる。

遺伝的要因は現段階では排除できないため、環境要因と医原性要因を排除しなければならない。
本書で最も強調する要因は、この環境要因に含まれる「食べ物によるストレス」である。

食べ物によるストレスの代表は「糖質」である。
青森県は病気の素になる「糖質」を多量に摂取している。

糖質制限無くして青森県民の幸せはあり得ないとして、本書の論を展開する。

痛み専門医が考案 見るだけで痛みがとれるすごい写真


Amazon.co.jpで見る

<著者:河合隆志 (フェリシティークリニック名古屋)>

腰痛、肩こり、ヒザ痛、関節痛、
五十肩、首の痛み、手首の痛み、背中の痛み、頭痛、などなど。

「なんとかして痛みをとりたい! 」

ストレッチやマッサージを試しても、
病院に行っても、クスリを飲んでも、
なぜかぶり返す、しつこい痛み。

「このまま一生、痛みに苦しむのだろうか……」

本書は、最新の医学エビデンス(アメリカのスタンフォード大学・
ノースウェスタン大学の研究)にもとづき、
脳をコントロールして、慢性痛を消し去るメソッドを紹介します。

なんとその方法は、痛み専門医の著者が集めた
「見るだけで痛みがとれる写真」と
「読むだけで痛みがとれる格言」を楽しみながら眺めるだけ!

病院をたらい回しにされていた方々が、
著者のメソッドを実践し、
治療のターゲットを「患部」から「脳」に変えたとたん、
長年苦しめられていた痛みから続々と解放されています!
長引くしつこい痛みに悩まれている方、
ぜひ、本書の方法で痛みのない生活を取り戻してください。

点滴でアンチエイジング


Amazon.co.jpで見る

<著者:柳澤厚生(点滴療法研究会会長・スピックサロンメディカルクリニック)>

健康管理とアンチエイジングに関心大な人たちが今はまっているのが、点滴療法。
血管に直接入れることで体の隅々にまで行き渡り、足りないところへ過不足なく届き、即効的に効果を発揮します。
マドンナやブラットピット、ビヨンセンなど、若さと美しさを保つ歌手、俳優、モデルたちの間では、点滴はすでに常識ツールに。
欧米諸外国では、一般人たちの間でも、頭をシャープにしたい、気合を入れたい、美白に、アンチエイジングに・・・と、
美容から健康まで幅広い目的で、心と体のメンテナンスのために気軽に使用されています。
人生100年時代、積極的に健康寿命を延ばし元気と美しさを持ちながら生き抜く時代です。
本書では、日本における点滴療法の第一人者である柳澤厚生先生が「点滴療法とは」の基礎から、
高濃度ビタミンC点滴、キレーション点滴ほか、各種点滴の解説をしつつ、若さと健康維持のカギを握る点滴療法の魅力について紹介します。

医者の9割はうつを治せない


Amazon.co.jpで見る

<著者:千村 晃(千村クリニック 院長)>

うつの大半は、薬を飲まなくても治ります!

とはいえ、薬を止めただけでも、うつは治りません。

2000人の患者を快方に導いた精神科医が明かす ほんとうのうつ治療。
──うつとは何か?

全部、間違いです!

「絶対にがんばれと声をかけるな」
「病名がわからないと治療できない」
「仕事を楽しめる人は、うつにならない」
「うつの治療期間中には、離婚や転職など大きなを決断するな」
「規則正しい生活を心がけるように」
「うつヌケした人の体験談が役に立つ」

つらくないがん治療 高濃度ビタミンC点滴療法


Amazon.co.jpで見る

<著者:柳澤厚生(点滴療法研究会会長・スピックサロンメディカルクリニック)>

がんの治療といえば、手術、抗がん剤(化学療法)、放射線がメイン。だが、抗がん剤などで強い副作用に苦しむ患者さんは少なくない。

著者が提唱するのは、副作用がまったくない「高濃度ビタミンC点滴療法」。いわゆる民間療法とは異なり、 アメリカなど海外ではすでに標準治療になっている。

QOL(生活の質)を高める高濃度ビタミンC点滴は、さまざまながん治療との併用で治療効果を高め、患者さんの体調を安定させることで、がん治療の基本となっていく、その治療法を紹介!

認知症を絶対治したい人が読む本 認認介護の老夫婦に奇跡を起こした


Amazon.co.jpで見る

<著者:岩田 明(長久手南クリニック 院長)>

認知症が良くなるか悪化するかは医者選びが運命を決める――

病院に行くまでは穏やかだった認知症患者が突然暴れはじめた。
認知症の薬を飲んだら寝たきりになった。
いま、全国でそんな事例が頻発している。

町医者はいわずもがな専門医や大学病院でも間違った認知症医療が横行しており、患者さんとその家族、介護従事者はまさに「塗炭の苦しみ」を味わっている。
そんな惨状に警鐘を鳴らし、誤診やご処方がもたらす苦しみから患者さんを救うために本書は出版された。

正しい治療なら認知症の「困った症状」は必ず改善する!
5000人の認知症患者を診てきた経験とコウノメソッドを駆使して多くの患者と家族を救い続ける著者は断言する。

現代医療に見放された多くの認知症患者が奇跡の復活をとげる事例を紹介しつつ「コウノメソッド」についてわかりやすく解説する。

正しい「やり方」なら通院はもちろん在宅でも認知症はよくなる。
患者さんと家族のみなさんはあきらめないで、「治せる」ドクターを見つけることが重要である。

告白します、僕は多くの認知症患者を殺しました。 まちがいだらけの日本の認知症医療


Amazon.co.jpで見る

<著者:石黒伸(医療法人アクア アクアメディカルクリニック 院長)>

「多くの認知症の患者さんを殺しました。」
ショッキングなタイトルだがこれは事実である。
ただし、患者を殺している犯人は個人としての医師ではなく「日本の認知症医療」のあり方そのものである。
開業医はもちろん大学病院の認知症外来の中にすら「殺し」に加担している医師が少なからず存在する。患者やその家族は、医師の治療を「改善」への切符と思っているが、実は、「再起不能への直行切符」「死への片道切符」かもしれないという惨状である。

なぜそんな事態になっているのか?

<<中略>>

かつての著者も、疑いもせず真面目に「増量規定」に従い、多くの患者を苦しめていた。しかし、『名古屋フォレストクリニック』の河野和彦医師が提唱する「コウノメソッド」との出会いを契機に、「殺し」に加担する医師から脱出、認知症患者とその家族を救うべく日々活動を続けている。

コウノメソッドなら、重度の患者でも自宅療養ができたり、終末期とされていた患者を救えるケースもけっして珍しいことではない。

<<後略>>

なぜ水素で細胞から若返るのか


Amazon.co.jpで見る

<著者:辻直樹(医療法人社団医献会 辻クリニック 院長)>

折からの健康ブームで、「水素水」に関心が高まっている。最近はテレビや雑誌でも採り上げられ、美容やアンチエイジングにこだわる人たちに注目される一方、なかには懐疑的な声が見受けられるのも事実。
たしかに、水素の医学的効能に関しては、2007年、英国の生物医学ジャーナル誌『Nature Medicine』に太田成男・日本医科大学教授の論文が発表されたのを機に、世界中で盛んに研究が行われるようになったものの、まだ完全に解明されたわけではない。
水素治療を手がける辻氏の許にも、「水素で病気が治りますか?」といった質問が多数寄せられるが、答えはすべて「NO」だという。水素は決して万能薬ではなく、その効能は唯一、身体を衰えさせる悪玉活性酸素を除去すること、いわゆる「抗酸化作用」だけだという。しかし、酸化を防ぐことは、私たちの身体のなかで起こる不調や老化の根本原因を断ち切る唯一無二の方法だと語る著者。
そこで、「水素治療とアンチエイジング」研究の最前線と臨床例を紹介するとともに、まずは身体に”毒を貯め込まない生活”を心がける重要性を説く。

全ての病気は「口の中」から!―歯が痛くなる前に絶対読む本


Amazon.co.jpで見る

<著者:森永宏喜(森永歯科医院 院長)>

成人の約8割がかかっているとされる「歯周病」。この病気は「もの言わぬ病」と呼ばれ、自覚症状がほとんどないため、多くの人が罹患していることに気づいていない。しかし、「歯周病」が単純に「口の中」だけの問題ではなく腸内環境とも連動した恐ろしい病気で、認知症、糖尿病など、全身のさまざまな病気と関係していることがわかってきた。万病のもと、「歯周病」発症の仕組みを解説しつつ、未然に防ぐためのケアの方法を紹介!

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!


Amazon.co.jpで見る

<著者:水上治(健康増進クリニック 院長)>

がん患者を1万人以上みてきた医師、水上治先生に「がんにならない方法」を聞いてきました。

そもそもがんって何ですか
がんになったら絶対死ぬのですか
コンビニの弁当は食べてもいいんですか
健康診断でがんはみつかるんですか
腕のいい医者はどうやって見つけるんですか?

など、誰もが抱く疑問をぶつけてきました。
知っているだけで寿命が延びる「がん」の知識がたくさん学べます

副作用が出ないIPT抗がん剤療法


現代書林で見る

<著者:奥野幸彦(奥野病院 院長、European Academy for IPT日本代表)>

がんを治すため、もしくは再発を防ぐために、抗がん剤は投与されます。
しかし、抗がん剤には副作用があり、吐き気、食欲不振、脱毛、下痢などで患者を苦しめます。

抗がん剤は、がん細胞を死滅させると同時に、正常な細胞にもダメージを与えるのです。

抗がん剤を使ったら、がん細胞は消えたけれど、患者は亡くなった――。
「がん治療に殺される」という警告がなされているゆえんです。

ではもし、抗がん剤を投与しても、副作用が出ないとしたら、どうでしょう。

こんな夢のようなことを現実にしたのが、著者が取り組むIPT治療です。
85年前、メキシコで誕生したこの治療法は近年、がん治療で目覚ましい成果をあげています。

世界規模の学会で研究が進められ、アメリカ、ドイツ、スイス、ブラジル、南アフリカなど世界に広がっています。

本書では、日本の第一人者が治療した、胃がん、肺がん、大腸がん、子宮がん、悪性リンパ腫などの劇的に改善した症例を掲載。

もちろん、抗がん剤の副作用はありません。
世界で広がっている、がん医療に革命を起こす夢の治療を紹介します。
本書は、IPT治療について書かれた、日本で初めての書籍です。

あなたはなぜ、がんを治したいのですか?―副作用と絶望から希望と勇気のがん治療へ


Amazon.co.jpで見る

<著者:喜多村邦弘(喜多村クリニック 院長)>

がんの標準治療に限界を感じた著者が実践する、患者さんに希望を与える新しいがん治療、統合医療を紹介

「あなたは、なぜ、がんを治したいのですか?」著者のクリニックでは、初めて診察を受ける患者さんの問診票にこんな問いかけがあります。この質問を見た患者さんは戸惑い、なかには「当たり前のことを聞くな」と怒り出す患者さんも。なぜ、そう問いかけるのでしょうか。著者はかつて標準治療(手術、抗がん剤、放射線)によるがん治療を行ってきましたが、やがてその効果に限界を感じ、学会の権威にとらわれず科学的なデータのあるさまざまな治療をとり入れるようになりました。そこには副作用に苦しみ、現代医学に厳しい宣告を受けた患者さんにも希望を持ってほしいという意思があります。さらにはただ治すのではない、その人の人生の目的にふさわしい治し方をしたいという「個別化」の考え方があります。人間には、意志があります。意志には力があります。その意志は、病気を治すのにとても大きな効力を発揮するのです。

グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す


Amazon.co.jpで見る

<著者:柳澤厚生(点滴療法研究会会長・スピックサロンメディカルクリニック)>

パーキンソン病に抜群の効果を発揮! グルタチオン点滴療法のすべて。
グルタチオンは、アミノ酸の一種で、人間を含む動植物や微生物の組織内に存在する物質です。このグルタチオンの注射製剤を各種ビタミンやミネラルとともに、週に1~2の点滴を行うのがグルタチオン点滴療法です。以前からデトックス(体内解毒)の目的で使われていましたが、アメリカではパーキンソン病に対する顕著な効果とアンチエイジング分野で、グルタチオンの点滴が注目されています。
本書はその治療法や現状を医師のみならず患者さんでも解るよう解説した画期的な一冊です。

超高濃度ビタミンC点滴療法ハンドブック―ガン細胞が消える!QOLが上がる!


Amazon.co.jpで見る

<著者:柳澤厚生(点滴療法研究会会長・スピックサロンメディカルクリニック)>

ビタミンCがガン細胞を殺す!超高濃度ビタミンC点滴療法。全国220か所の治療が受けられるクリニック一挙公開、ガンの三大療法との併用で効果アップ!最先端のガン治療を公開。(「BOOK」データベースより)

ビタミンCがガン細胞を殺す


Amazon.co.jpで見る

Amazon.co.jpアソシエイト

<著者:柳澤厚生(点滴療法研究会会長・スピックサロンメディカルクリニック)>

2005年9月、衝撃的な論文がアメリカで発表された。「アスコルビン酸(ビタミンC)は選択的にガン細胞を殺す」。30年前にノーベル賞学者のポーリング博士が提唱しながら一度は否定された説が、間違っていなかったことが証明されたのだ。大量のビタミンCを点滴で投与する「超高濃度ビタミンC点滴療法」の最大のメリットは、副作用がほとんどない点である。日本で初めてこの治療法に挑戦した患者の腫瘍は、わずか半年で消えた。最先端ガン治療法の未来を探る。(「BOOK」データベースより)

書籍紹介メディア紹介

メディア掲載情報書籍紹介へ移動

メディア掲載(2020年3月)

2020年3月5日


A4M ( American Academy of Anti-Aging Medicine ) が運営する医療ニュースメディアに「コロナウイルス感染対策」について当会会長の柳澤先生の記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2018年9月)

9月19日 読売新聞、他27媒体

栄養療法、点滴療法

読売新聞、産経ニューズ、PRESIDENT Onlineなど計27媒体で『点滴療法研究会 ベーシックセミナーI「明日から導入できる3大点滴療法を実践的に学ぶ」開催&医師が語る残暑疲労の重症化予防法 熱中症搬送者数82,000人超えの今夏の残暑を乗り切るために』という記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年11月)

11月21日 Diamond Online、他9媒体

点滴療法

Diamond Online、Yahoo!ニュースなど計10媒体で『突発性難聴に年3~4万人、「普通の人」も襲う病気の厄介な実態』という記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年10月)

8月24日 料理王国10月号

オーソモレキュラー医学、栄養療法

料理王国10月号(株式会社CUISINE KINGDOM)にて柳澤会長のインタビューが掲載されました。

メディア掲載(2017年 8月)

8月24日 日本テレビ

オーソモレキュラー医学、栄養療法

日本テレビ「ぐるナイ! ゴチになります!」の番組が当会会長が監修している「医学会キッチン オーソモレキュラー」にて行なわれました。

→ 詳細はこちら

メディア掲載(2017年 7月)

7月25日 ニューズウィーク日本語版

オーソモレキュラー医学、栄養療法

ニューズウィーク日本語版に「国際オーソモレキュラー医学会 治療の観点からも注目されるエビデンスを持った栄養医学」という記事が掲載されました。

メディア掲載(2017年 6月)

6月2日 PRESIDENT Online、他34媒体

オーソモレキュラー医学、栄養療法

PRESIDENT Online、Diamond Online、YOMIURI ONLINE、朝日新聞デジタル&M、産経ニュース、東洋経済オンラインなど計35媒体で「日本オーソモレキュラー医学会 企業とコラボレーション開始 第1弾として食を通じて健康にアプローチするレストランを監修」という記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年 5月)

5月17日 PRESIDENT Online、他26媒体

オーソモレキュラー医学、栄養療法

PRESIDENT Online、YOMIURI ONLINE、朝日新聞デジタル&M、産経ニュース、東洋経済オンラインなど計27媒体で「第46回国際オーソモレキュラー医学会開催 各国から栄養療法に関する最新の知見が発表 2018年東京開催大会への期待高まる」という記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年 4月)

4月28日 Mocosuku、他4媒体

点滴療法、栄養療法、など

Mocosukuなど計5媒体で『「こんなはずじゃ…」 そんな五月病は食事で解消!』について柳澤会長が解説しました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

4月11日 PRESIDENT Online、他23媒体

オーソモレキュラー医学、栄養療法

PRESIDENT Online、東洋経済オンライン、朝日新聞デジタル&M、産経ニュース、計24媒体に「エビデンスに基づく治療レベルの栄養療法普及へ 日本オーソモレキュラー医学会 一般社団法人化し本格始動 2018年はアジア初の国際大会を日本で開催」という記事が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年 3月)

3月24日 エキサイトニュース、他6媒体

オーソモレキュラー医学、栄養療法

『栄養療法の第一人者が語る「オーガニック野菜のススメ」』について柳澤会長が解説しました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

3月20日 エキサイトニュース、他4媒体

点滴療法、栄養療法、など

『今こそ「冬バテ」に注意! 冬型ビタミン欠乏症の原因、解消法は?』について柳澤会長が解説しました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年 2月)

2月23日 Column Latte

点滴療法、栄養療法、など

『冬の朝は寒くて起きられない、布団から出られない…その原因「冬バテ」かも!冬バテの症状と解消法』について柳澤会長が解説しました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

2月6日 女の転職@type

点滴療法、栄養療法、など

「夏バテならぬ『冬バテ』って知ってる? 朝起きられない、疲れが取れない……働く女性が抱える冬の不調の原因とは」で柳澤会長が解説しました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2017年 1月)

1月16日 エキサイトニュース、@niftyニュース、msnニュース、ほか

高濃度ビタミンC点滴療法、オーソモレキュラー療法(栄養療法)

「病気予防には栄養の力! 『栄養療法』をご存じですか?」で高濃度ビタミンC点滴療法と栄養療法が取り上げられました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2016年12月)

12月17日 夕刊フジ

高濃度ビタミンC点滴療法

12月15日に開催された夕刊フジ主催「がんの予防と治療セミナー」が掲載されました。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2016年10月)

10月28日 夕刊フジ

高濃度ビタミンC点滴療法

夕刊フジ(東京/大阪:産業経済新聞社)に高濃度ビタミンC点滴療法と点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生が紹介されました。

メディア掲載(2016年 8月)

8月30日 ニューズウィーク日本語版

高濃度ビタミンC点滴療法

ニューズウィーク日本語版に点滴療法研究会と高濃度ビタミンC点滴療法が掲載されました。

<掲載情報>
ニューズウィーク日本語版
2016年8月30日発売(9月6日発行)
第31巻34号(通巻1511号)、52-53ページ
発行元:CCCメディアハウス

記事のダウンロードはこちらから(3.9MB)

8月10日~25日 産経新聞・新日本海新聞社ほか

オーソモレキュラー療法(栄養療法)

産経新聞、大阪日日新聞、伊勢新聞、新日本海新聞、みなと山口合同新聞、福井新聞、山形新聞、静岡新聞、岐阜新聞、河北新報、琉球新報、中部経済新聞、秋田魁新報、室蘭民報社の記事「そうめん手軽に 水だけやレンジで調理 栄養バランス気をつけて」で点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生のインタビューが掲載されました。

メディア掲載(2016年 7月)

7月7日 サンケイスポーツ

ビタミンC点滴、ニンニク(ビタミンB1)注射

サンケイスポーツに柳澤厚生会長のインタビュー記事が掲載されました

7月1日 健康(8月号)

高濃度ビタミンC点滴療法

健康(主婦の友社.)の8月号で高濃度ビタミンC点滴療法と柳澤厚生会長のインタビュー記事が掲載されました。

メディア掲載(2016年 6月)

6月28日 4health care

点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生が4 health careに掲載されました。
熱中症と栄養補給の記事になります

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2016年 5月)

5月28日 ウェルク

高濃度ビタミンC点滴

ウェルクの「高濃度ビタミンc点滴はスゴイ!がん治療やアンチエイジングに7つの効果!」で高濃度ビタミンC点滴が紹介されました

メディア掲載(2016年 4月)

4月28日 Mocosuku

マイヤーズカクテル

Mocosukuの「日本人は疲れている?!健康維持の鍵は「ランチタイム」にあり!!」でマイヤーズカクテルと点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生が紹介されました。

メディア掲載(2016年 3月)

3月25日 共同通信社 NewsSite

点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生が共同通信社の取材を受けました。
当会主催のオゾン療法セミナー(2016年3月20、21日開催)に関する内容になります。

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2016年 2月)

2月 2日 テレビ朝日 グッドモーニング

2月2日朝のニュース番組にて、インフルエンザと花粉症の治療法として、高濃度ビタミンC点滴療法と、当会会長の柳澤のコメントが紹介されました。

メディア掲載(2015年12月)

12月 22日 日刊現代 高濃度ビタミンC点滴療法

「がんハラに負けるな」「仕事と治療は両立可能『がん』で会社を辞めてはいけない」
日刊現代の新聞とWEBに記事が掲載されました。

→ WEB記事はこちら(外部サイト)

メディア掲載(2015年11月)

11月 5日 テレビ東京 「冬の乾燥対策 最前線」

「なないろリサーチ」で冬の乾燥対策として高濃度ビタミンC点滴療法が紹介されました。
点滴療法研究会会長の柳澤厚生先生が取材を受けました。

11月 11日 マイクロソフトネットワーク 高濃度ビタミンC点滴療法

「『切らない』が主流になる!? いま注目の最新がん治療とは」

メディア掲載(2015年 9月)

9月10日 日刊ゲンダイ 今押さえておきたいがん治療 末期患者の全身の痛みが消失

メディア掲載(2015年 8月)

8月 8日 市民タイムス 点滴療法を知る市民医療講座

メディア掲載(2015年 7月)

7月15日 日刊SPA! 高濃度ビタミンC点滴療法

「がん治療で世界的に注目される副作用のない方法とは?」

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2015年 6月)

6月18日 北日本新聞 高濃度ビタミンC点滴療法

「がん治療テーマ27日に無料講座~富山の魚津の医療法人~」(浦田クリニック)

メディア掲載(2015年 5月)

5月19日 日経ウーマンオンライン ビタミン・ミネラル点滴

「『五月病』の原因は栄養不足!?女性は『肉食』を意識して!」~ビタミンBや鉄不足にならないために!肉食女子化のススメ~

→ 記事はこちらから(外部サイト)

5月15日 東京スポーツ   ビタミン・ミネラル点滴

「朝起きられず単なる五月病かと思っていいたら・・・」

5月 7日 Yahoo!ニュース ビタミン・ミネラル点滴

「あなたの5月病、ビタミンBの欠乏が原因かも?」

メディア掲載(2015年 4月)

4月20日 食べもの通信  「ビタミンC剤が放射線被ばく傷害を軽減(1)」

被ばく後でも修復効果

4月24日 Woman Type 栄養療法・ビタミン点滴・点滴療法研究会が紹介されました

『「疲れには甘いもの」が五月病を呼び寄せる!?“何となくしんどい”の克服法』

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2015年 3月)

3月10日 日刊ゲンダイ  「疲労の影に新栄養失調あり」

3月10日 日刊ゲンダイ  『食べているのに栄養失調・・・疲労の影に「新栄養失調」あり』

→ 記事はこちらから(外部サイト)

3月11日 日刊ゲンダイ  『「グルタチオン点滴療法」はパーキンソン病患者の希望の星か』

3月11日 日刊ゲンダイ 『「グルタチオン点滴療法」はパーキンソン病患者の希望の星か』

→ 記事はこちらから(外部サイト)

3月11日 日刊SPA 栄養療法・ビタミン点滴・点滴療法研究会が紹介されました

「ストレスとアルコールの連鎖で現代型栄養失調に!やる気満々の新社会人は要注意」

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2015年 2月)

2月 2日 岐阜新聞 「健康まっぷ グルタチオン点滴 パーキンソン病療法」

2月16日 健康365 「パーキンソン病を抑える点滴療法」

2月18日 CBC番組(名古屋) 「花粉シーズン到来!花粉症に注目の点滴療法」

ゴゴスマでマイヤーズ・カクテル取り上げられました

メディア掲載(2015年 1月)

1月 6日 産経ニュース 「パーキンソン病の手足の震えを改善 広がるグルタチオン点滴療法」

→ 記事はこちらから(外部サイト)

1月 6日 産業経済新聞 「広がるグルタチオン点滴療法 パーキンソン病の手足の震えを改善」

>1月15日 福井新聞 「パーキンソン病に栄養療法」

1月19日 東奥日報 「パーキンソン病に血中栄養補充が効果 グルタチオン著効も」

1月22日 千葉日報 「パーキンソン病に栄養療法 グルタチオンで著効も」

1月27日 TBS 番組名「はやちゃん」

特集名『「これを気に」花粉シーズン直前!早めの花粉対策」(マイヤーズカクテル)

メディア掲載(2014年12月)

12月2日 大阪日日新聞「パーキンソン病に栄養療法 グルタチオンで著効も」

12月2日 下野新聞  『パーキンソン病に栄養療法「グルタチオン」血中補充が効果的』

12月2日 佐賀新聞  「パーキンソン病に栄養療法」

12月2日 琉球新報  「パーキンソン病 栄養補充療法が効果」

12月8日 山形新聞  「パーキンソン病に栄養療法グルタチオンで著効も」

12月8日 新日本海新聞 グルタチオン点滴療法が取り上げられました

12月9日 宮崎日日新聞「アミノ酸注入し栄養補充 パーキンソン病に効果」

12月10日 日刊SPA 『「手がこわばって携帯電話のメールが打ちにくい」はパーキンソン病の予兆』

→ 記事はこちらから(外部サイト)

メディア掲載(2014年11月)

11月22日 徳島新聞  「パーキンソン病に栄養療法 グルタチオンで効果も」

11月24日 上毛新聞  「パーキンソン病にグルタチオン 抗酸化アミノ酸 進行止まる場合も」

11月26日 埼玉新聞  「パーキンソン病に栄養療法 グルタチオンで著効も」

11月28日 山陰中央新報「パーキンソン病に栄養療法 グルタチオンで著効も」