高濃度ビタミンC点滴療法/代表的な基礎研究

高濃度ビタミンC点滴療法に関する国内外の臨床試験と医学文献を紹介しています。

医学論文情報:2015年~


【2017年】
アスコルビン酸による造血幹細胞機能および白血病発生の制御

Ascorbate regulates haematopoietic stem cell function and leukaemogenesis
Nature (2017) doi:10.1038/nature23876

【論文】 http://www.nature.com/nature/journal/vaap/ncurrent/full/nature23876.html

白血病では造血幹細胞の異常な増殖があり、そこにTET2遺伝子の機能喪失が深く関与している。本研究ではビタミンCは造血幹細胞内に蓄積し、TET機能を促進し、造血幹細胞としての機能を制限し、白血病発生を抑制することがわかりました。研究結果はネイチャー誌に掲載されました。


【2017年】
TET2の機能回復により、自己再生の異常と白血病の進行が抑制されること

Restoration of TET2 Function Blocks Aberrant Self-Renewal and Leukemia Progression
doi:10.1016/j.cell.2017.07.032

【論文】 http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(17)30868-1

ニューヨーク大学医学部 パールミュッターがんセンターからビタミンCと他の治療法の組み合わせが、白血病などのTET欠損型の癌患者に安全かつ有効な治療法となりえることをCell誌に発表しました。
白血病ではTET2の機能喪失がしばしば観察され、マウスの実験では大量のビタミンC投与で遺伝子操作でOFFにしたTET2機能が回復、また白血病の進行を抑制しました。また、ヒト白血病細胞株への高用量ビタミンC投与したところ、DNAの脱メチル化とTET2遺伝子の正常化が観察されました。さらに白血病細胞へPARP阻害剤と高用量ビタミンCの併用投与したところ白血病細胞のアポトーシスを促進しました。


【2017年】
O2⋅− and H2O2による鉄代謝の破壊は、NSCLCおよびGBMがん細胞の薬理学的アスコルビン酸に対する感受性に差異をもたらす

O2⋅− and H2O2-Mediated Disruption of Fe Metabolism Causes the Differential Susceptibility of NSCLC and GBM Cancer Cells to Pharmacological Ascorbate
Cancer Cell.2017;31:487–500

【論文】http://www.cell.com/cancer-cell/pdf/S1535-6108(17)30062-4.pdf

アイオワ大学がんセンターが発表した、高濃度ビタミンC点滴の重要な論文です。非小細胞肺がん・脳腫瘍(グリオブラストーマ)の化学療法や放射線治療に高濃度ビタミンCと併用することで生存曲線が有意に改善されたことや、高濃度ビタミンC点滴ががん細胞だけに毒性を持つメカニズムを鉄代謝・活性酸素の面から解明したことを報告しています。


【2010年】
高用量のアスコルビン酸は中皮腫細胞に細胞死を誘導する

High dose of ascorbic acid induces cell death in mesothelioma cells.
Biochem Biophys Res Commun. 2010;394(2):249-53.

【論文】 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20171954

培養細胞実験で高濃度のビタミンCが人間の中皮腫培養細胞に細胞死を誘導することを東京大学、愛媛大学、愛知がんセンター研究所の共同研究グループが発表。


【2008年】
薬理学的用量のアスコルビン酸はプロオキシダントとして作用し、マウスにおける侵襲性腫瘍異種移植片の成長を減少させる。

Pharmacologic doses of ascorbate act as a prooxidant and decrease growth of aggressive tumor xenografts in mice.
PNAS:2008:105(32):11105-11109.

【論文】http://www.pnas.org/content/105/32/11105.full.pdf

前述の米国立衛生研究所(NIH)の研究チームの発表。マウスにがんを移植しビタミンCを大量投与したところ、がんの成長が抑制されたと発表。


【2007年】
薬理学的濃度のアスコルビン酸は、in vivoの細胞外液中でアスコルビン酸ラジカルと過酸化水素を選択的に発生させる

Ascorbate in pharmacologic concentrations selectively generates ascorbate radical and hydrogen peroxide in extracellular fluid in vivo.
Proc Natl Acad Sci USA 2007:104 (21): 8749-8754.

【論文】http://www.pnas.org/content/104/21/8749.full.pdf

高濃度ビタミンC療法による抗ガン作用は、がん細胞周囲に生成される過酸化水素によるアポトーシス(細胞の自殺死)誘導であることを前述のNIH研究グループがアメリカ科学アカデミー紀要に発表。


【2005年】
薬理学的なアスコルビン酸濃度によるがん細胞の選択的殺傷:過酸化水素を組織に送り込むプロドラッグとしての作用

Pharmacologic ascorbic acid concentrations selectively kill cancer cells: action as a pro-drug to deliver hydrogen peroxide to tissues.
Proc Natl Acad Sci USA.2005;102(38):13604-9

【論文】http://www.pnas.org/content/102/38/13604.full.pdf

高濃度のビタミンCが培養がん細胞を殺すことから、高濃度ビタミンC点滴療法ががん治療に有用である可能性を、アメリカの国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI), 食品薬品局(FDA)の学者らがアメリカ科学アカデミー紀要に発表。

臨床研究:1976年〜


【2013年】
進行性がん患者を対象としたアスコルビン酸大量静注の安全性、忍容性、薬物動態を評価する第I相臨床試験

Phase I clinical trial to evaluate the safety, tolerability, and pharmacokinetics of high-dose intravenous ascorbic acid in patients with advanced cancer.
Cancer Chemother Pharmacol (2013) 72:139–146

【論文】 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3691494/pdf/280_2013_Article_2179.pdf

アメリカの民間がん専門病院、Cancer Treatment Center in Amercaから発表された、進行性固形がん(ステージ3~4)に対する高濃度ビタミンC点滴療法の安全性を検討する第1相試験の論文。70-80g/m2の大量ビタミンC点滴をを1g/分で急速に滴下する方法で患者15例に週4回4週間実施、安全性に問題はなかった。第2相試験に移行する予定。

【2008年】
進行した悪性腫瘍におけるアスコルビン酸の静脈内投与に関する第I相臨床試験

Phase I clinical trial of i.v. ascorbic acid in advanced malignancy.
Annals of Oncology 2008 19(11):1969-1974

【論文】 http://annonc.oxfordjournals.org/content/early/2008/07/25/annonc.mdn377.full.pdf

カナダのMcGill大学の論文。高濃度ビタミンC点滴療法は1.5g/kg (体重60kgの人で90gのビタミンC投与)で安全性に問題はないと発表。


【1978年】
癌の支持療法におけるアスコルビン酸塩の補充。末期癌における生存期間延長の再評価

Supplemental Ascorbate in the Supportive Treatment of Cancer: Reevaluation of Prolongation of Survival Times in Terminal Human Cancer.
Proc Natl Acad Sci U S A, 1978:75 (9) : 4538-4542.

【論文】http://www.pnas.org/content/75/9/4538.full.pdf

前述のLinus Pauling博士の論文の続編。治療手段のないがん患者100人にビタミンC10gを10日間点滴、以後毎日10gのビタミンCを経口投与、1000人の標準治療をした癌患者さんと比較した。結果はビタミンC投与グループの生存期間が6倍に延長していた。


【1976年】
癌の支持療法におけるアスコルビン酸塩の補充。末期癌における生存時間の延長

Supplemental Ascorbate in the Supportive Treatment of Cancer: Prolongation of Survival Times in Terminal Human Cancer.
Proc Natl Acad Sci USA 1976:73:3685-3689.

【論文】http://www.pnas.org/content/73/10/3685.full.pdf

治療手段の進行がんの患者100人にビタミンC10gを10日間点滴、以後毎日10gのビタミンCを経口投与した。対照群1000人のがん患者と比較した結果、生存期間が4.2倍延長した。ノーベル賞を受賞したLinus Pauling博士の有名な論文。

各種がん 医学論文

卵巣がん
【2014年】
非経口アスコルビン酸大量投与による卵巣癌の化学感受性の増強と化学療法の毒性軽減

High-dose parenteral ascorbate enhanced chemosensitivity of ovarian cancer and reduced toxicity of chemotherapy.
Sci Transl Med. 2014 Feb 5;6(222):222ra18.

【論文】http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24500406

高濃度のビタミンCが卵巣がん培養細胞ならびにマウス移植卵巣がんに対する化学療法の効果を増強し、卵巣がんの患者においても化学療法の副作用を減弱することを発表。(カンザス大学)


卵巣がん
【2003年】
卵巣癌の2症例における一次化学療法と抗酸化剤の併用について

The use of antioxidants with first-line chemotherapy in two cases of ovarian cancer.
JACN 2003: 22;118-123.

【論文】 http://www.ivcinfusions.com/articles/Antioxidants_with_Chemotherapy_in_Ovarian_Cancer.pdf

初期の化学療法と長期高濃度ビタミンC点滴療法の併用が有効であった卵巣癌 (Stage IIIc)2例の報告。(カンザス大学)


乳がん

【2011年】
ビタミンCの静脈内投与は乳がん患者の化学療法/放射線療法中およびアフターケア中のQOLを改善する:ドイツにおける多施設共同レトロスペクティブ疫学コホート研究の結果

Intravenous vitamin C administration improves quality of life in breast cancer patients during chemo-/radiotherapy and aftercare: results of a retrospective, multicentre, epidemiological cohort study in Germany.
In Vivo. 2011 Nov-Dec;25(6):983-90.

【論文】http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22021693

ドイツの多施設研究論文。乳がん患者125例に化学療法に併用し、ビタミンC点滴療法を行うグループと行わないグループで、生活の質(QOL)について比較検討をした。ビタミンC点滴療法は疾患自身の症状、化学療法や放射線療法に伴う症状の有意な改善を認めた。特に吐き気、食欲不振、不眠、倦怠感、めまいなどの症状を改善した。ビタミンC点滴は乳がんの補助療法として有用である。


膵臓がん
【2012年】
転移性膵臓癌患者におけるゲムシタビンおよびエルロチニブとの併用でのアスコルビン酸の静脈内投与の第I相評価

Phase I evaluation of intravenous ascorbic Acid in combination with gemcitabine and erlotinib in patients with metastatic pancreatic cancer.
PLoS One. 2012;7(1):e29794.

【論文】 http://www.plosone.org/article/fetchObject.action?uri=info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0029794&representation=PDF

ジェファーソン大学より、転移を有する膵臓がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法と化学療法の併用に関する第1相試験を発表。
14例のStage IV膵臓癌に75-100gの高濃度ビタミンC点滴を週3回、8週間投与。ゲミシタビンとエルロチニブは標準プロトコルで治療。9例が完遂。15件の有害事象、8件の重篤有害事象が認められたが、全てゲミシタビンとエルロチニブに起因した。RECIST治療効果判定基準で評価したところ、経過中9例中7例が安定、2例が進行した。高濃度ビタミンC点滴に有害事象の増加は見られず、第2相試験を予定する。


膵臓がん
【2013年】
転移性および結節陽性の膵臓癌に対するゲムシタビンとの薬理学的アスコルビン酸の併用療法

Pharmacological Ascorbate with Gemcitabine for the Control of Metastatic and Node-Positive Pancreatic Cancer (PACMAN): Results from a Phase I Clinical Trial.
Cancer Chemother Pharmacol. 2013 March ; 71(3): 765–775.

【論文】 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3587047/pdf/nihms442433.pdf

アイオワ大学からの論文。高濃度ビタミンC点滴療法の安全性を検討するために転移を有するステージ4の膵臓がん患者9例に週2回の15g~125gのビタミンC点滴療法を行った。軽い下痢と口渇以外に問題となる副作用はなかった。平均生存期間は13ヶ月と従来の5.65ヶ月を大幅に延長。1例は腫瘍サイズが9分の1に縮小、1例は15ヶ月、1例は29ヶ月生存した。


悪性リンパ種
【2014年】
再発性B細胞性非ホジキンリンパ腫に対する救済化学療法後のL-アスコルビン酸の静脈内投与に関する第I相臨床試験

Phase I Clinical Trial of Intravenous L-ascorbic Acid Following Salvage Chemotherapy for Relapsed B-cell non-Hodgkin’s Lymphoma.
Tokai J Exp Clin Med. 2014:20;39(3):111-5.

【論文】http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=PMID%3A+25248425

東海大学血液腫瘍内科からのB細胞性非ホジキン型悪性リンパ腫に対する高濃度ビタミンC点滴療法の第1相試験に関する論文。3例の患者に75gの高濃度ビタミンC点滴療法を実施したところ、問題となる副作用はなかった。今後は第2相試験に進む予定である。

がん患者の生活の質(quality of life, QOL)の改善効果


【2007年】
末期がん患者のビタミンC大量投与による健康関連QOLの変化について

Changes of terminal cancer patients’ health-related quality of life after high dose Vitamin C administration.
Korean Med Sci. 2007 Feb;22(1):7-11.

【論文】 http://synapse.koreamed.org/Synapse/Data/PDFData/0063JKMS/jkms-22-7.pdf

末期のがん患者39人に、1週間2回10gのビタミンC点滴、1日4gのビタミンCを経口投与した。身体、心理、社会的QOL(生活の質)が増加、症状(疲労感、疼痛、吐気、不眠、食欲低下)の改善が認められた。(サムソン医療センター・韓国)


【2012年】
ビタミンCの大量静注により、がん患者のQOLが改善することが判明

High-dose intravenous vitamin C improves quality of life in cancer patients.
Personalized Medicine Universe 2012;1:49-53.

【論文】http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2186495012000132

点滴療法研究会が実施した日本で初めての高濃度ビタミンC点滴療法に関する多施設共同試験。がん患者60人に高濃度ビタミンC点滴療法導入前、導入後4週間のQOLを調査した。QOLスコア、機能尺度の改善、倦怠、不眠、便秘などの症状の改善が見られた。主治医の評価で4週間後にQOLの改善が60%に認められた。

その他の臨床研究・ケースレポート


【2017年】
前立腺癌患者に対するビタミンC大量投与時のPSA上昇率およびアルカリフォスファターゼ値の変化について

Changes in the rate of PSA progression and the level of alkaline phosphatase during high dose vitamin C treatment of patients with prostate cancer
Functional Foods in Health and Disease2017; 7(7):511-528

【論文】https://www.ffhdj.com/index.php/ffhd/article/view/360

この論文の著者らは前立腺癌の治療での高濃度ビタミンC点滴療法の可能性調査のため、リオルダンクリニックのデータベース内にあるの臨床データ(1994-2015)を用い、後ろ向き研究を行った。前立腺がんで重要な腫瘍マーカーであるPSA値・ALP値は患者ごとに数年単位のデータがあり、それらを分析した結果、PSAおよびCRP高値の患者では、初回IVC時の血中ビタミンCのピーク濃度が減少することが分かった。PSAおよびALPの変化を可能な限り追跡し、IVCを行う、またはIVCの頻度を増やすことで、経時的なPSA・ALP増加を抑制できることがわかった。


【2006年】
癌治療としてのビタミンCの静脈内投与:3例

Intravenously administered vitamin C as cancer therapy: three cases.
CMAJ. 2006: 28; 174(7): 937-942

【論文】http://www.cmaj.ca/content/174/7/937.full.pdf

高濃度ビタミンC療法が有効であった腎臓癌、膀胱癌、悪性リンパ腫の3症例の報告。米国国立衛生研究所(NIH), 国立ガンセンター(NCI)、マギル大学の研究者らがカナダ医師会雑誌に発表。


【2009年】
進行性がん患者に対する高用量ビタミンC(アスコルビン酸)療法について

High-dose Vitamin C (Ascorbic Acid) Therapy in the Treatment of Patients with Advanced Cancer.
Anticancer Research, 2009;29:809-815.

【論文】http://ar.iiarjournals.org/content/29/3/809.abstract

金沢大学補完代替医療学講座よりがん専門医学雑誌に投稿された高濃度ビタミンC点滴療法による進行癌治療の総説。


【2010年】

国際統合医学会誌に高濃度ビタミンC点滴療法が有効であった事例報告が4編掲載。

①大島正幸 :高濃度ビタミンC点滴療法で腫瘍マーカーが正常値に回復した癌患者2例と、治療頻度と効果に乖離のある癌患者2例の経験.
国際統合医学会誌 2010;1(2):170-174.

②北村 康 :超高濃度ビタミンC点滴療法が著効した末期前立腺癌症例. 
国際統合医学会誌 2010; 1(2): 175-178.

③西山寿子 :高濃度VitC点滴療法によって治療を再開できた前立腺がんの1例. 
国際統合医学会誌 2010; 1(2): 175-178.

④田中 善、 加藤逸郎:再発舌癌に対する高濃度ビタミんC局所動注療法の経験. 
国際統合医学会誌 2010; 1(2): 1784-6.

高濃度ビタミンC点滴療法 実践セミナー


点滴療法研究会では、点滴療法の種類と適応疾患、症例や文献、具体的な処方や注意事項、導入に必要な内容までを詳しく解説したセミナーを実施しております。

患者様に正しい知識で安心・安全に点滴療法を提供できるよう、「ベーシック1」セミナーの受講ください。


医療従事者向けセミナー セミナー 資料請求