美肌・アンチエイジングに効果あり!【高濃度ビタミンC点滴】とは?

美肌やアンチエイジングのために、ビタミンCの多い食事・サプリを摂るようにしているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ビタミンCは口からとってもなかなか吸収されにくく、たくさん摂っても多くが尿として排出されてしまいます。消化・吸収のなかで失われてしまうため、サプリメントなどの経口摂取では血中濃度をあげるには限界があるのです。

ビタミンCの効果を最大限に発揮する方法として、高濃度ビタミンC点滴がおすすめです。直接静脈内にビタミンCが行き届くので、血中濃度をぐんと高めることが可能です。

今回は美肌・アンチエイジングにおける高濃度ビタミンC点滴の効果についてみていきましょう。

ビタミンCに期待できる美肌・アンチエイジング効果


ビタミンCというと、免疫力の向上や疲労回復など健康を維持するイメージが強いかと思いますが、美肌・アンチエイジングにも高い効果が期待できる栄養素です。まずは、ビタミンCに期待できる美肌・アンチエイジング効果を見ていきましょう。

■抗酸化作用

ビタミンCは、高い抗酸化作用を持つことでも知られており、老化・心臓病・がんなどの生活習慣病を誘発する活性酵素を無毒化することができます。活性酸素から肌を守り、皮脂の分泌を抑制するので、肌の老化予防や、ニキビの予防・改善にも効果が期待できます。

■コラーゲン生成

健康的な皮膚や血管・筋肉・骨などを作るのに、コラーゲンは欠かせません。コラーゲンを構成するアミノ酸の生成にはビタミンCが不可欠。ビタミンCはコラーゲンの生成を促進するため、肌のハリや弾力を保つことができます。

ビタミンCの抗酸化作用は、酸化ストレスに弱いコラーゲンの酸化反応によるダメージを軽減し、コラーゲン分子の保護に役立ちます。

■メラニン生成の抑制

肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、肌を守るためにメラニンが生成され、シミの原因となります。ビタミンCは、その抗酸化作用によってメラニンの生成を抑制・還元することで、シミの予防・改善(美白作用)の役割も果たします。

高濃度ビタミンC点滴とは


高濃度ビタミンC点滴は、ビタミンCを点滴によって体内に届ける方法です。ビタミンCは体内で生成できないため、食事などで補充する必要があります。

食事やサプリメントとは違い、血液中に直接投与できる点滴療法は、効率的かつ十分にビタミンCを摂取するのにおすすめです。

点滴は、経口摂取の数十倍~百倍以上の量を血管内に行き渡らせるため、経口摂取とは異なるレベルの作用・各種疾患の予防や、より高いレベルの美容・アンチエイジング効果が期待できます。

25gを投与することで、レモン1200個分のビタミンCを細胞に届けることが可能です。美肌・アンチエイジング目的においては、一般的に10gから25g程度のビタミンCを、30分~1時間程度かけて点滴します。

投与量はそのときの体調やお悩み、めざす美しさやアンチエイジングにどれだけこだわるか、希望によってクリニックの先生と相談するのが良いでしょう。

効果には個人差がありますが、すぐ体感する人もいます。継続的治療が効果的ですので担当の先生に相談してください。週1〜月1回ほどの頻度で点滴を行うのがおすすめです。

基本的には副作用がない点も魅力のひとつですが、妊娠中・授乳中の方など、一部の人は受けられません。高濃度で点滴を受ける場合は、必ずG6PD検査と呼ばれる血液検査を受ける必要がありますので、注意しましょう。多くの医療機関で、25gもしくは50g以上の点滴を行う場合に検査が実施されます。


■高濃度ビタミンC点滴によるアンチエイジングの効果や副作用等について、詳しくはこちらの記事もご参照ください。

【アンチエイジング】若さの秘訣!点滴療法で年齢に負けない体作り
【ビタミンC】点滴とサプリメントの違いは【血中濃度は数十倍!】

なぜ美肌・アンチエイジングに高濃度ビタミンC点滴なの?


人の体は約60兆個の細胞でできており、その細胞はつねに生まれ変わり、古い細胞と置き換えられていきます。けれども、いつまでも同じように置き換えられるわけではなく、そのサイクルは年齢とともに変わってきます。若く代謝のよいときは、古い細胞が終わる頃には次の新しい細胞が待ち構えていますが、次第に次の細胞の準備が遅れがちになってきます。

そうやって細胞も老化し、再生能力も落ちてくるのです。再生能力が落ちればシミやシワもできやすくなったり、傷が治りにくくなったり、関節のあちこちが痛くなったりと、さまざまな老化のサインが表れてきます。

「細胞が年を取った」「細胞の老化」というのは、健全な代謝ができなくなってきた表れです。体内で川の流れのように自然にできていた代謝サイクルが、加齢により滞ってくるのです。

ただし、ある程度の年齢になっても抗酸化能力が高い状態にあれば、酵素やホルモンなどもきちんと分泌され、エイジングはゆっくりとしたペースになります。その分、若さや美しさが保たれて、年齢より若く見える人になるのです。

つまり若さとは、その人の持っている抗酸化能力を最大まで上げて、代謝サイクルがうまく回るように保つことといえます。そのためにビタミン、ミネラルの補給が重要です。これらの栄養が細胞まで十分にいきわたることで、最大の抗酸化能力が発揮でき、老化を遅らせ、病気を防ぐことができるのです。

高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用が強く、エイジングの進行をゆるやかにし、自然と若さと美しさを保つことができます。ビタミンC血中濃度を高めることにより、ビタミンCを必要とする器官に直接行き渡らせ、経口摂取とは異なるレベルの作用、各種疾患の予防や、より高いレベルの美容・アンチエイジング効果が期待されます。

また、喫煙者、ストレスにさらされておる人はビタミンCが失われやすいので、積極的にビタミンCを摂取する必要があります。
例えば、タバコ1本で大体25mgのビタミンCが破壊されると言われています。そのため、喫煙者は通常よりも多くのビタミンCを摂取することをおすすめします。

点滴もサプリメントも、指導してくれるクリニック選びが大切



ビタミンCをサプリ等で経口摂取するのと、点滴により血管内に取り込むのでは、血中濃度で10から100倍以上と大きな差があります。ビタミンC血中濃度を飛躍的に上昇させると、短時間で全身に行き渡り、高い抗酸化作用が得られ、美肌やアンチエイジングなどの美容効果、疾患予防、身体機能の改善に効果があります。点滴の回数を重ね、血中濃度を保っていくことが美容と健康の維持につながります。

また、点滴をうけられない間のホームケアとして、栄養豊富な食事やサプリメントで補充することもおすすめです。

美肌・アンチエイジング効果が期待されるビタミンC。


点滴で体内に取り込むことでより高い効果が期待できます。ただし点滴療法の場合も、正しく管理された薬剤を正しい方法で提供しているかどうかによって、効果を最大化できるかどうかが変わってきます。

■良いクリニックの選び方に関しては、こちらの記事もご参照ください。

【ビタミンC点滴】ここをおさえて!良いクリニックの選び方4選

点滴療法のクリニック選びには、点滴療法研究会が発行している認定医資格も参考になります。点滴療法の正しい提供方法など複数の講座を受講した上で試験に合格したクリニックだけが与えられる認定医。クリニック選びに迷った場合は認定医資格をもつ医師、歯科医師のクリニックから選ぶのが安心です。

点滴療法研究会ホームページのクリニック検索をぜひご活用ください。

この記事の監修医師

関連記事

2024.06.03

【グルタチオン点滴】肝臓の働きを強力にサポート!肝臓病の予防にも効果あり!?

2024.04.23

【マイヤーズカクテル点滴】つらい頭痛に!医師がオススメする点滴療法

2024.04.01

つらい【帯状疱疹】に朗報! 医師が勧める【高濃度ビタミンC点滴】の効果とは

点滴療法が受けられるクリニックを検索