【花粉症】点滴療法でアレルギー反応を和らげる!

スギやヒノキなど様々な植物の花粉が原因で引き起こされる花粉症。日本人の約半数が花粉症に苦しんでいるというデータもあり、毎年花粉症の季節が辛い!という人も多いのではないでしょうか。花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれる通りアレルギーの一種で、鼻などから入った花粉に対して免疫が過剰に反応してしまうことで、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど様々な症状を引き起こします。

アレルギー症状を抑える薬を飲むことで一時的に症状を抑えることができますが、根本的な治療にはなりません。実は、アレルギーを起こしにくい体をつくるためには、免疫系をサポートする栄養療法が有益なんです。この記事では、ビタミン・ミネラルを補充して免疫系を整えることで、花粉症などのアレルギーを軽減する効果が期待できる治療法、マイヤーズカクテル点滴について解説します。

花粉症とは


花粉症とは、アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、特定の植物の花粉に対するアレルギー反応が引き起こす症状のことを指します。アレルギー性鼻炎は、特に春や秋に花粉が大量に発生する季節性アレルギーと、ハウスダストなどアレルギー源が一年中存在する通年性アレルギーの2つの主要なタイプがあります。

花粉症の主な症状には以下が含まれます。

1.くしゃみ
2.鼻水や鼻づまり
3.目のかゆみや充血
4.喉のかゆみや痛み
5.咳
6.疲労感

これらの症状は、花粉が体内に入ると、免疫系が誤って花粉を異物と見なし、過剰な免疫応答を引き起こすことによって発生します。花粉症によって、鼻や目、喉などの上気道に炎症やかゆみを与え、日常生活に影響をもたらすことがあります。一般的な対処方法には、抗ヒスタミン薬、ステロイド鼻スプレー、目薬、アレルギー免疫療法(アレルゲン免疫療法)などがあります。

花粉症の重症度は個人によって異なり、軽度から重度までさまざまです。症状の軽減や管理には、避けられる花粉の接触を減らす努力や医師の指導に従うことが重要です。花粉症の症状が重篤で日常生活に大きな影響を与える場合、医師と相談して適切な治療を行うことがおすすめされます。

花粉症の治療法は?


花粉症には、一般的に2つの治療法があります。くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状をやわらげる薬物療法(対症療法)と、アレルギーの原因物質(アレルゲン)に対する体質改善が期待できるアレルゲン免疫療法です。 薬物療法(対症療法)では、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬などの内服薬や、点鼻薬(鼻のスプレー)、目薬などを用いて症状を抑えます。

また、粘膜の炎症が強い場合には、ステロイドが配合された点鼻薬を使用します。

アレルゲン免疫療法では、アレルギーの原因物質であるアレルゲンを定期的に投与します。これは、アレルギー反応を引き起こす花粉、ダニ、ペットの毛など、特定のアレルゲンに対して行われます。初期の段階ではアレルゲンの量が非常に少なく、徐々に増やしていきます。

その他、レーザーや注射などで炎症を抑える方法もあります。一部の治療は自費診療になり、導入している医療機関も限られるので、専門としている医師に相談してみましょう。

ここからは、上記のような一般的な治療に加え、免疫機能の向上や粘膜の強化などにより根本的な花粉症対策として効果が期待できるマイヤーズカクテルという点滴療法について見ていきましょう。


マイヤーズカクテル点滴とは?


マイヤーズカクテル点滴は2000年代から欧米の統合医療クリニックで広く行われているビタミン・ミネラル点滴で、海外の自然療法、アンチエイジングを目的としたクリニックでは定番の点滴療法です。マイヤーズカクテルの様々な病気に対する効果が各国の医学専門誌に発表され、有効性が実証されています。

マイヤーズカクテル点滴は、人間のからだに必要とされるビタミンやミネラル(ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、ビタミンC、マグネシウム、カルシウム等)といった栄養素を血管から点滴で直接入れる治療法です。点滴で取り入れることにより急速に血中濃度が高くなり、細胞を活性化させたり免疫力を高めたりと、さまざまな薬理学的作用が期待できます。

花粉症だけでなく、様々なアレルギー対策や、疲労回復、頭痛、めまい、ストレスやメンタル症状の対策としても有効です。
栄養療法なので、体質や他の病気の兼ね合いで薬の服用ができない方も治療を受けることができます。

また、ビタミンCには炎症を抑える効果も高いので、高濃度ビタミンC点滴との組み合わせや、マイヤーズカクテル点滴にビタミンCを増量するなどのカスタマイズもおすすめです。

なぜ花粉症にマイヤーズカクテル点滴が効くの?


人間のからだを作る細胞が健康に活動するためには様々な栄養素が必要です。栄養の偏りは、からだの不調や免疫機能の乱れ、さらにはアレルギーの原因である免疫細胞の過剰反応を引き起こすことがあります。ビタミンやミネラルは、免疫細胞をはじめとした体内の細胞の健康なはたらきに欠かすことはできない一方で、ほとんどは体内で作ることができないので、食事・サプリメント・点滴などで補充することが必要になります。

マイヤーズカクテル点滴に含まれるビタミン・ミネラルには、免疫機能を正常に保つ効果、粘膜を強くする効果、炎症を抑える効果などが期待できます。これらの効果が、相乗的に働くことで、花粉症になりにくい身体を作ることができるのです。

点滴療法は、直接ビタミンやミネラルなどの栄養素を静脈内に投与するため、経口で摂取するサプリメントに比べ、血中濃度を効率よく上昇させ、高い予防や治療が期待できます。

マイヤーズカクテル点滴

【マイヤーズカクテル点滴】倦怠感・疲労回復に栄養補給!

【マイヤーズカクテル点滴】不眠症とうつに効果的な点滴療法

花粉症やアレルギー対策としての「マイヤーズカクテル点滴」はこんな人におすすめ!



✓アレルギー性鼻炎がある
✓花粉症を軽減したい
✓気管支喘息がある
✓鼻、目、喉にかゆみや痛みなどの不快感がある
✓アレルギー体質である

など

花粉症にはどれくらい効果がでるの?持続期間は?


花粉症対策としておすすめのマイヤーズカクテル点滴。受けてみたいけど、効果を感じるまでにどれくらい時間がかかるのか、何回くらい点滴をする必要があるのか、気になるという人も多いのではないでしょうか?

効果を感じるまでの期間や、効果の持続期間は、人によって異なるというのが実際です。早い人では、点滴を受けている最中からなんらかの体調の改善を感じる人もいれば、数回の点滴を受けてやっと効果を実感した、という人もいます。花粉症の症状軽減においては、1回の点滴で効果が出ることは稀です。マイヤーズカクテルに含まれるビタミン・ミネラルは、身体の様々な働きにおいて必要とされる栄養素なので、不足している場合は身体のあらゆる部位ですぐに使われてしまいます。

直接的な効果の継続は、一般的に2日~数日と言われています。多くの方は4~5回の点滴でゆっくりと症状が改善されていきます。まずは、週1~2回程度の点滴を数回続けてみてください。まずは1ヶ月ほど点滴を試してみれば効果を実感できると思います。

花粉の季節が始まる前から定期的な点滴を行い、点滴を受けられない日はサプリメントを摂取するなど、不足しがちな栄養素を計画的に補うことで、マイヤーズカクテル点滴の花粉症改善の効果が継続しやすくなります。

「マイヤーズカクテル点滴」の副作用は?注意すべきことはある?


マイヤーズカクテル点滴は、元々からだに存在し、食事などに含まれるビタミン・ミネラルといった点滴なので、副作用が非常に少ないのが特徴です。
大きな副作用の報告はありませんが、過去にアレルギーの経験がある方は主治医にご相談ください。

針を刺した部位の痛みや内出血が起きる場合がありますが、軽度な場合は短期間で改善するので問題ありません。点滴が始まって強い痛みがある場合は、血管から薬剤が漏れている可能性があるので、すぐに医師やスタッフに伝えるようにしましょう。

また、ごく稀に、血管痛を予防する成分を配合しないなど、正しい施術方法を知らずに点滴をしているクリニックも存在します。点滴療法研究会では、点滴の講習を提供し、必要な知識を持った上で点滴を行うように、会員医師と共に取り組んでいます。

心配な場合は、点滴療法研究会の検索サイトから、お近くの会員クリニックや、認定医資格を持ったクリニックを検索してみてください。

・健康保険の対象外となります。 
・薬との併用については主治医とご相談ください。

どのくらい点滴するの?気になるお値段は?


花粉症改善の効果を発揮するためには、通常週1回以上の点滴が必要と言われています。治療の期間は症状によって変わりますので、担当医師と相談しましょう。
自由診療なので、費用はクリニックによってさまざまですが、目安としては1回5,000円から15,000円程度です。

クリニックの場所や、患者さん一人一人に対する時間のかけ方、点滴するスペースの取り方なども料金に影響します。都心の一等地のクリニックと地方のクリニックとでは、料金に差がでることもあります。初回は初診料もかかります。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の対策として効果が期待できるマイヤーズカクテル点滴
ぜひ一度、医療機関にご相談ください。

この記事の監修医師

関連記事

2024.02.08

【パーキンソン病】点滴療法で症状を改善・緩和

2024.01.18

美肌・アンチエイジングに効果あり!【高濃度ビタミンC点滴】とは?

2024.01.17

【アンチエイジング】若さの秘訣!点滴療法で年齢に負けない体作り

点滴療法が受けられるクリニックを検索