点滴療法研究会

セミナー情報

ワークショップ
~現場から学ぶ点滴療法の“技(わざ)”~


基本情報

日 時 2016年01月17日(日) 9:30~16:10 受付開始9:00
場 所 ベルサール三田(住友不動産三田ツインビル西館1F)
定 員 100名  先着申込順
参加費 マスターズクラブ会員(20,000円)
一般        (60,000円)
同伴スタッフ    (10,000円)
※医師(歯科医師・獣医師を含む)は同伴スタッフとして 登録できません。
※テキスト・昼食付
お申し込み方法 ※満席のため受付を終了しました。
備 考

本セミナーに出席すると国際個別化医療学会認定医制度の研修単位5ポイントが
与えられます。

タイムスケジュール

午前の部

座長 
Lecture1・2   新福 泰弘(医療法人 インペリオクリニック 理事長)
Lecture3・4・5 上符 正志(銀座上符メディカルクリニック 院長)

Lecture 1 私の経営戦略
9:30~10:00 講師: 田中 優子(田中病院 院長)

三重県で美容皮膚科を経営していますが点滴療法をはじめ自費診療をうまく軌道にのせてきた自分なりのやり方をお話しいたします。

Lecture 2 口腔内に潜む病気の原因
10:00~10:30 講師: 有馬 征志(アステック歯科 院長)

口腔内には全身疾患の原因になりうる様々な病変や医原性の材料などが存在します。今回は医科の先生にぜひ知って欲しい重金属問題やその解毒法等についてご紹介します。

Lecture 3 自由診療30年 自費診療クリニックの一例
10:50~11:20 講師: 柳澤 紘(クリニックやなぎさわ 院長)

都心で開設30年の自由診療小規模クリニックで、西洋医学と東洋医学(漢方・鍼)を癒合した統合医療を行っています。当院が導入している漢方、ドクターズサプリメント、AKA、栄養療法、点滴療法など経験に基づいたノウハウを紹介します。

Lecture 4 当院の線維筋痛症治療
11:20~11:50 講師: 片山 成二(かたやま脳外科内科クリニック 院長)

線維筋痛症が一般に認知されるようになり、医師も線維筋痛症診療をさけて通ることが出来ない状況になってきました。今回線維筋痛症についての簡単な解説に加え、当院での線維筋痛症に対するアプローチについてお話しします。

Lecture 5 植物由来物質『サルベストロール(Salvestrol)』 による癌治療
11:50~12:20 講師: 柳澤 厚生(点滴療法研究会 会長)

欧米で癌補完療法に用いるサルベストロールは野菜・果実に含まれるファイトケミカルで、癌細胞CYP1B1によりアポトーシス誘導物質となる。サルベストロールの日本における癌補完治療の可能性を自験例と併せて紹介します。

12:20~13:20 ランチョンセミナー (主催:西本貿易株式会社 ナチュメディカ事業グループ)
午後の部

座長
Lecture6・7    森 吉臣(医療法人社団健若会 赤坂AAクリニック 理事長)
Lecture8・9・10 松山 淳(医療法人松寿会 松山医院 本町院 理事長)

Lecture 6 認知症・神経難病高齢者を抱える家族全員を笑顔にするGCS-Vc点滴療法
13:20~13:50 講師: 石黒 伸(医療法人アクア アクアメディカルクリニック 院長)

認知症1000万人時代。全ての医師において、認知症治療は避けられません。認知症を多系統神経伝達不全と捉えることで、重度認知症患者でも普通のお年寄りに戻すことができます。グルタチオン・シチコリン・ソルコセリルを点滴して悩める家族を笑顔にしましょう!

Lecture 7 当クリニックにおける統合医療による動物のがん治療
13:50~14:20 講師: 廣田 順子(アリスどうぶつクリニック・どうぶつ統合医療センター 院長)

動物の医療においても、がんが増加しています。今回は当院で実施している統合医療による動物のがん治療をご紹介します。

Lecture 8 腸内環境に配慮した歯周病に対する抗菌療法
14:40~15:10 講師: 森永 宏喜(森永歯科医院 院長)

健康維持への腸管の役割が明らかになるに伴い、その健全性を保つことの重要性が注目されています。消化管最上流の口腔の健康は慢性感染症の歯周病のコントロールに左右されます。その具体的手法をご紹介します。

Lecture 9 声帯炎症にどこまで効くのかビタミンC
15:10~15:40 講師: 松永 敦(大北メディカルクリニック 院長)

音声障害を来して来院される患者さんのニーズはすぐに良い声が出ることにつきます。ところが、ステロイド投与だけでは声帯炎を治めることは簡単ではありません。そんなときにどのようにしてビタミンCやビタミンBを用いれば良いのかを述べます。

Lecture 10 癌難民の希望の療法としてのVC点滴
15:40~16:10 講師: 船戸 崇史(船戸クリニック 院長)

死因の1位である癌。治す事が目的の時代からどう最後まで癌と共に生き切るかという時代へと変容している。不治と宣告された癌難民の希望の治療法として高濃度VC点滴は最適です。

交通アクセス

ベルサール三田

〒108-6301 東京都港区三田3-5-27
住友不動産三田ツインビル西館1F

●「三田駅」A1出口徒歩6分(三田線・浅草線)
●「泉岳寺駅」A3出口徒歩6分(浅草線・京浜急行線)
●「田町駅」三田口徒歩8分(JR線)
※東京駅よりJR線にて7分
●「品川駅」高輪口よりタクシーで約5分(JR線・京浜急行線)
※羽田空港(京浜急行線)より直通

尚、駐車場のご用意はありませんのでご了承ください。

参加申込方法

【セミナーのお問合わせ】
 点滴療法研究会事務局
 〒141-0021 東京都品川区上大崎3-11-2 RAYHAUS花房山Ⅱ201
 TEL:03-6277-3318 FAX:03-6277-4004
 E-Mail:info@iv-therapy.jp


TOP